自分の本音に合う会社を選べ!欲しいものは、行動しないと手に入らない。

営業部/マネーデザイン
後藤 聡志
Yutaro Takada 27歳/独身

自分のやりがいを、見極める。“会社のスタイル”が自分と合うかどうかって、すごく大事なことだと思います。僕はそれが理由で、きらめき不動産に転職してきました。前の会社はトップダウンが徹底されたスタイル。いつもだいたい同じ時間に帰れて、成果を出しても出さなくても給与は変わらない。それが「安定」っていう価値なのかもしれないけれど、僕にはしっくりこなかったんです。何より一番もどかしかったのは、自分の考えたことが仕事にも評価にも繋がらなかったこと。考えても意味がなかった。だから、少しもやりがいを感じられませんでした。もっと自分の気持ちに正直になろう、そう決意してきらめき不動産にやってきたわけです。そしたら思っていた以上に個人の裁量が大きくて驚きました。自分でいろいろ試行錯誤しながらなのでトライ&エラーもたくさんありますが、それがこんなに面白いことだとは思いませんでしたね!

僕はすごく、稼ぎたい!単刀直入に言うと、僕は「すごく稼ぎたい」んです。だからこの業界を選びました。営業として達成すべき目標はあくまでも「最低限の目標」と思っていますので、あとは自分しだい。ここまででいいかと思えばそれで終わりだし、もっとだと思えばとことんやれる。若いからこそこの気持ちでできるのかもしれないけど、そもそも気持ちがあってもできない環境を経験してきた自分だからかもしれません。やりたいだけやってやろうと思っています。今僕は、新しい事業をこれからつくっていくチームで、人とは違うチャレンジを進行中。部署としてのシステムもまだ整っていない中ですが、新たなサービスをどうつくっていこうか悩むのは大変でもあり、ものすごくおもしろい。こんな仕事、なかなか挑戦できないことだと思います。よく「入社3年は我慢だ…」なんて言われますが、この会社にはそんなもの必要ありません。新人であろうと売上を上げるためにという軸で考えて、上司に提案して、行動して…。そのスピード感が違う!社会が目まぐるしく変わる中で「これ、新しく提案したい!」というアイデアが出てくればすぐに提案できます。何ができるか楽しみですね。

“ゆるふわ”を使いこなす。営業にはしんどいことだってたくさんあります。でも、細いことを気にしすぎると何も上手くいかなくなる。だから僕は「気にしない」。行き詰ったりしんどいなと思ったら、ジムに行って忘れます!大事なのはお客様にとってどうするのが一番良いかを貫くことだと思うから。言うべきことを言って、筋の通った理屈を見失わないようにするためにも気にしすぎない。そういう“ゆるふわ”な柔軟性って大事だなと思います。楽しいことだけでは決してないけれど、でも常に前に進んでいる実感があります。まだまだ上に行きたい!ずっと圧倒的1位でいられるくらいになりたいです。

小さな成功体験を積んでいく
経済的な成功